ライチョウの雄の見張り
ライチョウの雄の見張り

彼は私を見ているのでは無かった。 私の後ろで彼のテリトリーを奪い取ろうとやってきた別の雄に興奮しだしていた。 やがて落ち着いて争いは勃発しなかったが、雄は晴天でも隠れている暇はない。 その油断が繁殖行動にとっては命取りなのだから必死である。

ブリザードでも逞しく生きる。 正に突然の突風でした。彼が想定していたかは分からないが、彼は耐風姿勢でじっと凌いでいた。 当然カメラもレンズも真っ白で、レンズフード内にも雪が溜まっていったが、氷点下のお陰でレンズが濡れることはなかった。 描写がやや甘いのは、猛烈な勢いで風雪がレンズを叩き付けていたから。

夜空に包まれ
夜空に包まれ

つがいは斜度40度以上の雪上で過ごす。これを撮るのに3年かかった。暗闇で確認できなかったが勿論ライトを照らせば彼らは移動してしまう。 私は、日没後かろうじてカメラのフレーミングだけをした。ナイトスコープを改造して作った測距装置を使い、ファインダーが真っ暗な中、ピントは勘だった。 とても寒かったが、気持ちは熱かった。星が流れて月が現れシャッターを切った。 小屋に戻ることはしなかった。彼らの側にずっといたかったから。やがて彼らは夜明け近くに飛び立って行き、私は雪上に平坦な場所を見つけ、夜明けまで眠った。

ライチョウの雄の見張り
ライチョウの雄の見張り

彼は私を見ているのでは無かった。 私の後ろで彼のテリトリーを奪い取ろうとやってきた別の雄に興奮しだしていた。 やがて落ち着いて争いは勃発しなかったが、雄は晴天でも隠れている暇はない。 その油断が繁殖行動にとっては命取りなのだから必死である。

1/6

 Japanese Rock Ptarmigan

Photo Gallery of Growing ​Japanese

Rock Ptarmigan

This site is a photography "Japanese Rock Ptaemigan" of Japanese Ptarmigan. Thank you for coming today.

The Japanese  Ptarmigan is a rare and valuable bird that can only be seen in some areas of the central Japan mountains. In Kanji notation, ”雷鳥 ⁼ Japanese  Ptarmigan" is called a bird of thunder, and it is said to have been named because it acts in bad weather such as thunder. The Japanese  Ptarmigan is also a legendary bird that is historically revered as a god's bird and appears in myths. The Japanese Ptarmigan is said to be a living fossil because it has moved from the continent that had been land-based about 20,000 years before the post-glacial period, but it seems to have been living on the continent for 1 million years before coming to Japan. ..

I am fascinated by such mysterious miracle bird Japanese  Ptarmigan, and this photo is a website that I have created with a unique sensitivity to the pictures I have collected. To me, the Japanese  Ptarmigan is an endlessly strong bird. And the Japanese  Ptarmigans mysterious. I always fall into the sensation of being caught by Japanese  Ptarmigan. The Japanese  Ptarmigan speaks to me. If the Japanese  Ptarmigan is said to be the incarnation of God or the messenger of God, I would like to volunteer and use it as the messenger of the Japanese  Ptarmigan. At the will of the Japanese  Ptarmigan.

Katsuhiko Mori

This site is a photography "Japanese Rock Ptaemigan" of Japanese Ptarmigan. Thank you for coming today.

The Japanese  Ptarmigan is a rare and valuable bird that can only be seen in some areas of the central Japan mountains. In Kanji notation, ”雷鳥 ⁼ Japanese  Ptarmigan" is called a bird of thunder, and it is said to have been named because it acts in bad weather such as thunder. The Japanese  Ptarmigan is also a legendary bird that is historically revered as a god's bird and appears in myths. The Japanese Ptarmigan is said to be a living fossil because it has moved from the continent that had been land-based about 20,000 years before the post-glacial period, but it seems to have been living on the continent for 1 million years before coming to Japan. ..

I am fascinated by such mysterious miracle bird Japanese  Ptarmigan, and this photo is a website that I have created with a unique sensitivity to the pictures I have collected. To me, the Japanese  Ptarmigan is an endlessly strong bird. And the Japanese  Ptarmigans mysterious. I always fall into the sensation of being caught by Japanese  Ptarmigan. The Japanese  Ptarmigan speaks to me. If the Japanese  Ptarmigan is said to be the incarnation of God or the messenger of God, I would like to volunteer and use it as the messenger of the Japanese  Ptarmigan. At the will of the Japanese  Ptarmigan.

Katsuhiko Mori

​森 勝彦

​  森 勝彦

   【 更新情報 】

〇2021/06/16

 

ライチョウエイドprojectに関する

新規ページを公開。

 

雷鳥を救いたい思いが、新進気鋭のクリエイター達と共に動き出しました。

オリジナルグッズ販売により全収益を寄付するチャリティProject ! 

 感動的なのは
大自然の息吹と
​命の躍動が
あったから 
  • White LinkedIn Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon

Classification    : Phasianidae Grouse Ptarnmigan

Scientific name : Lagopus muta

English name    : Japanese rock ptarmigan

Japanese name  : Raicho

          Endangered species

​絶滅危惧種  雷鳥生きる

© Katsuhiko Mori

Since 2002.

080817.jpg

​4月、日没前であろうが雄ライチョウは大きな声で「グヮ~!」と叫びテリトリーを誇示していた。その裏には、必死で縄張りを奪い取りたい雄がまた存在する。高山という厳しい環境ではこの限られたテリトリーを死守できるか否かは子孫繁栄のため、一切手抜きは許されない。氷河期からこうして脈々と子孫を残してきた訳だ。

雨のお花畑でじっと雛を羽の中で暖めていた。ライチョウにとって高山植物が重要な食物である以上、雨であろうが食べなくては死んでしまう。しかし、雨に濡れるとヒナは急激に体温が下がり、それは死に直結する。そのため母鳥も雛も命がけ。

神聖なる厳冬期の立山に残されたライチョウの足跡に命の息づかいが力強く感じる。冬期ここで生きられるのはライチョウしかいない。そう、神の鳥であるからこそ。

Q 2 :

では、氷河期から生き延び、生き延びる知恵も習性もありながらなぜ絶滅寸前と言われているのですか?

A  2:

ライチョウが棲息する高山帯に多くの登山者や観光客が訪れるようになり、ライチョウの生息地の環境が激変した事が大きな要因です。ライチョウの重要な食物である高山植物が踏みつけられてお花畑が減少したり、登山者の捨てるごみにかつては高山帯にいなかった下界のカラスやキツネが誘因されて、二次的にライチョウの新たな天敵となります。

さらにもっと大きな問題が我々の生活様式の近代化による里山の環境変化(里山の機能崩壊)と地球温暖化の問題です。近年、野生動物の増加やその生息域が拡大しており問題となっています。ライチョウに関係するものではシカや猿が低山から高山帯にまで生息域を拡大し、ライチョウにとって大切なお花畑が荒らされているのです。また猿により多くのライチョウの雛が死んでいます。

温暖化の進行が今のペースで進めば、今後、高山帯の高山植物と亜高山帯上限以上に植生するハイマツが競合してしまい、ライチョウの大切な食物である高山植物は今世紀末までには絶滅すると言われており、そのためにライチョウも絶滅してしまうと言うことです。

どう思いますか?我々人間が行って来た地球環境に対する悪行が、大切なライチョウを絶滅に追いやっているとは思えてきませんか?

本来、過酷な環境に順応して来た強い鳥でありながら、我々の生活様式の変化による自然環境の激変と急激な地球温暖化に順応できずに絶滅に向かっているのです​。

ライチョウについてよくある質問〗

Q 1  :

ライチョウは絶滅危惧種と言われるくらいだから「ライチョウは弱い鳥であり淘汰されるべき」で、無理に保護しなくてもいいのでは?

A 1  :

考え方として自然淘汰というものは自然界に存在します。しかし、ライチョウが自然淘汰されてもいいと考えるのは間違いだと私は思います。

キジ科から現在のライチョウに分化した祖先は200万年前には既にユーラシア大陸にて存在していたと考えられ、約2万年前に当時陸続きであったユーラシア大陸北部地域から日本列島付近にまで生息域を拡大してきたようです。言わば万年を生き延びて来たという” 奇跡の鳥ライチョウ ” なのです。ライチョウが本当に弱い鳥であればすでに絶滅している筈です。しかし、ライチョウには高山という極めて限定された、植生も乏しそうに見える環境で生き延びて来ましたし、冬のマイナス20℃以下の気温であろうとも凍死することなく適応できる強さがあります。また羽の色を変え保護色となり、敵を欺き身を守る術を持っている。日本の中部山岳に生息するライチョウは地球上でも日本のみに生息する種であり、別名ニホンライチョウとも言われる日本固有種であります。

このライチョウを守るのは我々の責任であると私は強く感じます。

raicho23_s.jpg
20210307_154528のコピー.png